アサイベリーの副作用って本当のところどうなの?

 

アサイベリーを摂る際に、副作用があるのではないかと心配になっている方もいると思います。アサイベリーはアマゾンの原住民には古くから代替医療にも使われてきましたが、医薬品ではなく健康食品に位置付けられていますので基本的に副作用の心配をする必要がありません。

アサイーサプリメント6か月以上飲んでいる私の副作用に関する体感について

「アサイベリーは摂りすぎると身体に害があるの??」とはじめてアサイサプリメントを飲むときに不安に思ったのを覚えています。どんなに身体によい栄養素が豊富でも、摂りすぎたら何か副作用を起こすのではないか?そう思うのは自然なことですよね。

 

実際に私は仕事柄、目の疲れがひどくて日常的に(平均して2日に1度ぐらい)アサイーサプリメントを飲んでいます。これをだいたい6か月ぐらい続けています。

そこで感じた身体の変化としては・・

2日目ぐらいにお腹がゆるくなった(3日目以降は無し)

アサイサプリメントを飲み始めたばかりでまだその効果に半信半疑だったこともあって、「やばい・・副作用?」と思いましたが、3日目以降はおなかが痛くなることはありませんでした。

むしろかなり快便になりました。
ちょっと汚い話になりますが、ほどよい固さのものが比較的決まった時間帯に出るようになったんですね。ちなみに時間帯としては、朝起きてちょうど出勤する前ぐらいです。

今まで思うように出ていなかったので、ちゃんと出てくれることと、身体が軽くなった感覚があって朝から気分が良くなりました。

それ以外の副作用的なものは感じていません。

それ以外は、「頭痛、吐き気」などなどは6か月以上続けていますが、今も全くありません。なので、私個人としてはアサイベリーの副作用は感じていないというのが率直な感想です。

 

強いて注意すべきことは・・・

ヤシ科の植物等にアレルギーを持っている人

 

アサイーはヤシ科の植物なので、ヤシ科のものにアレルギーを持っている人(ココナッツなど)や、その他アレルギーを持っている成分が入っていないかどうかチェックすると安心です。販売しているアサイベリー製品にはパッケージに原材料が書かれています。服用してもアレルギーとして大丈夫なものがあるか確認してみたら良いでしょう。

 

目安量を守り過剰摂取にならないようにする

 

いくら良い栄養素であっても摂りすぎてしまうと身体に悪いので過剰摂取には気をつけてください。商品パッケージや説明にて目安量が書かれていますから用量用法をしっかりと守って服用すればアサイベリーは身体に良いものであり、副作用の心配もありませんから安全に服用する事ができます。

 

以上のようなことは、アサイベリーに限らずどういった食べ物でも言えることです。アレルギー持ちの方は製品パッケージやホームページなどで原材料名をチェックしてみると安心です。

 

その他アサイベリーの摂取で気になること【まとめ】

妊娠中や授乳中はアサイベリーを摂取しても大丈夫??

アサイーには、妊娠中や授乳中に飲んではいけない栄養成分が含まれているという調査はありません。
〜引用 フルッタフルッタHP https://www.frutafruta.com/shop/faq/index.php#faq1〜

妊娠中・授乳中は体のバランスが変化している時期でもあるので、体調がすぐれない場合などはかかりつけの医師に確認したほうがより安心です。
またアサイベリー製品ごとに妊娠中の摂取についての注意書きがされているものもあります。

 

子供もアサイベリーを食べたり、飲んだりできますか??

お子様にお召し上がり頂いても問題ございません。
〜引用 フルッタフルッタHP https://www.frutafruta.com/shop/faq/index.php#faq1〜

厚労省「総合医療」情報発信サイトでのアサイー副作用について

副作用と注意事項
  1. アサイーまたはヤシ科の植物に対するアレルギーがある人は、アサイーを摂取してはいけません。
  2. アサイーの摂取によってMRIの検査結果に影響が出る可能性があります。アサイー製品を使用しており、MRIを受ける予定のある人は、医療スタッフに確認してください。
  3. あなたが行っている補完療法をすべてのかかりつけの医療スタッフに伝えてください。健康管理のためにあなたがどんなことをしているのか、すべて話しましょう。それによって連携のとれた安全な治療が受けられるでしょう。

 

以上のように厚労省としてアサイーベリーに対しての情報発信も上記のようにされています。健康な方であればほぼ副作用は気にすることはないです。