アサイベリーの効果の抗酸化って何のこと??

アサイベリーの効果の抗酸化っていったいなに??

アサイベリーはほかのフルーツや食べものと比べて、抗酸化力がとっても高いといわれて、アンチエイジングのために毎日アサイー製品を摂っている人も多くいます。

 

抗酸化の反対の酸化について知る

 

抗酸化は読んで字のごとく、「酸化に抵抗する」という意味です。

 

酸化とは??

 

酸化というと、何かがさびることをイメージしますが、実際には酸素と何かがくっつく反応のことです。

 

人間の身体で言えば、身体の細胞がさびるということになります。

 

 

呼吸をして酸素を取り入れる以上逃れられない!?

 

酸素は基本的には呼吸によって体の中に入ってきます。

 

その酸素も、エネルギーになる酸素と、身体のさびの原因となる活性酸素に変化します。

 

 

活性酸素にはいい活性酸素と悪い活性酸素がある??

 

活性酸素が全部悪い!というわけではなくて、免疫力を高めるいいやつもいれば、身体をさびさせてしまう悪いやつもいます。

 

 

活性酸素に抵抗してくれるのが抗酸化物質!

 

で、そういった身体の中の活性酸素を取り除いてくれるのが抗酸化物質です。

 

抗酸化力の高い食べ物

 

トマト
赤ワイン
ブルーベリー
りんご
みかん
スイカ
牡蠣
大豆 などなど・・

 

こういった身近な食べ物にも多く含まれているんですね。

 

ただそんな食べ物と比較してもとにかくアサイーは比にならないぐらいの抗酸化物質を含んでいます。

 

アサイーの抗酸化物質はポリフェノールがメインですが、赤ワインと比べるとその30倍にもなります。

 

そういったこともあってアサイーがアンチエイジングに効果的と言われているんですね。